エアコンの水漏れ 京都・滋賀の修理受付

Luxy 株式会社

075-712-7336

〒606-8241 京都府京都市左京区田中西高原町24

受付 7:00~23:00 工事 24時間
定休日 8/11-8/15, 12/30-1/3

lv

エアコンの水漏れ 京都・滋賀の修理受付

施工事例

2017/07/29 エアコンの水漏れ 京都・滋賀の修理受付

ドレンホースにホコリやカビが詰まって水漏れ。とは限りません。

まだ新しい家や新しいエアコンでも水漏れはあります。

img_1685

 

ドレンの配管ミスは意外とあります。すぐに影響が出なくてもドレンが徐々に変形して流れ難くなって水漏れします。

ドレン配管がつぶれている場所が天井裏や床下、壁の中ということもあります。天井や床下に点検口などあれば修理しやすいですが、一般の家では点検口は無いことが多いですね。

 

で、どうするかって?

どうしましょう。床や天井に大きな穴を開ける工事です。まだ新しい家や新しいエアコンの場合は施工した業者に交渉すれば無償で修理してくれるかも知れません。難しいようなら当社が引き受けます。

 

修理できないような場所ではドレン管を水道管で保護するようなことも考えるべきです。下の写真は、ドレンが配管に巻き付いて勾配が取れておらず流れ難くなった例です。ホコリはありませんでした。

img_2066

 

下の写真は、ドレンの修正前と修正後の写真です。ドレンが銅管の下になって潰れていたのでドレンを上にしました。家庭用のエアコンも壁の中や配管カバーの中でドレンが潰されていることがよくあります。新築や新設のときにすでに起きていることもあり年月によってさらに潰れて水が流れなくなることがあります。

img_2059

修正後

img_2068

 

エアコンのクリーニングが宣伝されている影響なのか、ホコリや汚れが原因だと信じられているようです。ホコリが原因で水漏れしたのかとよく聞かれます。ドレンホースが変形して狭くなったり勾配が悪く水が溜まる部分ができていると、そこにホコリやカビも溜まるんですね。当社の経験では、ホコリやカビが詰まっていた場合でも、多くはドレンに原因があります。元から治しましょう。

image10

見えない場所でもドレン配管の問題は分かります。ファイバースコープは確実ですが、その前にポンプで引いたり押したりしたときの反応でわかります。たとえば ボコボコと音が鳴るのは水たまりがあります。

 

さらにホコリが詰まり易くなる原因は、タバコのタールや料理の油成分です。飲食店などエアコンの近くでよくタバコを吸う場合や料理する場合ですね。この場合は換気しながらエアコンを使うようにしましょう。換気扇の増設も検討してください。換気扇用の不織布も効果があります。使い方は裏側に粘着剤がついているタイプの不織布をエアコンの吸い込み口に付けます。

 

こういうのもあります。ドレンパンが割れて水が漏れていました。これはドレンパンを交換しました。ドレンパンがずれて隙間ができている場合もあります。ドレンパンがずれた原因は分解クリーニングという場合もあります。その他、天井にはめ込んでいるタイプではポンプの故障もあります。

img_2587-2

img_8999-2

エアコンのトラブルについては他の施工事例でも紹介しています。取扱メーカー ダイキン、三菱、日立、パナソニック、東芝

施工事例

設備サービス

 

Luxy 株式会社
電話番号 075-712-7336
住所 〒606-8241
京都府京都市左京区田中西高原町24
受付時間 7:00-23:00 毎日
定休日 8/11-8/15, 12/30-1/3
設備サービス対応地域 京都市・宇治市・大津市・草津市・ 向日市・長岡京市・南丹市・守山市・野洲市・近江八幡市・その他 お問合せください。

TOP